不動産投資のリスクを回避する方法を徹底解説!

貯金箱

コントロールしよう

硬貨を積む人

利回りは後回しです

不動産投資はミドルリスクミドルリターンの投資手段と言われています。しかし、投資する物件によってハイリスクローリターンにもなり、ローリスクハイリターンにもなります。不動産投資をする際には、入り口である物件選定に十分な注意を払いましょう。不動産投資をする際に気を付けなければならないリスクは空室です。空室になりにくい物件を選ぶということが不動産投資の鉄則となります。利回りで物件を選んでしまう人もいますが、インターネット上に公開されている高利回り物件は空室リスクが高かったり、修繕に多額の費用がかかるケースが多いです。利回りで物件を判断することは避けましょう。空室になりにくい物件、もしくは空室になってもすぐに次の入居者が見つかる物件は人口が増加し続けているエリアに数多くあります。物件を探す前に人口が3年以上増加し続けているエリアをまず見つけましょう。そして、そのエリアの中で最寄駅から徒歩7分以内にある物件をピックアップしていくとよいです。最寄駅が急行電車や快速電車の停車駅であると、さらに空室リスクの低い物件に出会えます。物件がいくつかピックアップできたら、次は築年数や構造を確認しましょう。築年数が新しいほど設備も新しいため、入居者にはアピールできます。また、構造は、防音等の観点からRC造かSRC造がお勧めです。これらの条件を満たす物件は比較的高い価格で取引されていますが、これこそローリスクハイリターンの物件なのです。

メンズ

分散投資を心掛けよう

これから中古ワンルームマンション投資を始めよとしているのであれば、中古ワンルームマンション投資をする前に上場不動産投資信託で収益基盤を作っておくとよいです。これにより、中古ワンルームマンション投資のリスクも、ある程度まで許容することができるようになります。

男性

許容度を考えよう

不動産投資をする際にローンを利用すればレバレッジ効果を享受することができます。頭金を多くするほど、レバレッジ効果は薄くなっていくので、どれくらいのリスクを許容できるか考えながら、ローンをうまく活用しましょう。

男の人

成功させるための方法

不動産投資も投資の一環です。リスクもかならずあるため、リスク管理が最も大事なポイントになります。空室や家賃滞納などのリスクは収入が途絶えることです。これを防止するには、購入する物件は現金にしておくことが一番なのです。